Category Archives: EVENT

【SAB浜松】リジカラ×SPOON SPORTSフェア

4月7日(土)・8(日)に静岡県の「スーパーオートバックス浜松」にて、リジカラ×SPOONSPORTSフェアを開催いたします。

■ スーパーオートバックス 浜松

静岡県浜松市中区小豆餅4-16-1
Tel 053-476-2180
営業時間 10:00~21:00(日曜20:00)

当日はシビックTYPE-R(FK8),S660デモカーの展示・試乗体験やSPOONSPORTS製品の展示・販売も行います。
SPOON開発スタッフもおりますので、チューニングの相談などお気軽にお問い合わせください。

○展示デモカー

・CIVIC  TYPE-R (FK8)

・S660 (JW5)

期間中は特別価格にて販売致しますが、ご用意できる商品に限りがございますので

事前に店舗様にご予約をお願いいたします。

 

■イベント特典

期間中、SPOON製品をご購入頂いたお客様には「SPOON SPORTS×リジカラ」オリジナルバックをプレゼントいたします。

 

〈ご注意〉

※展示デモカーの車種、台数は変更することがございますのでご了承ください。

※事前のお見積り、ご予約はスーパーオートバックス各店舗スタッフまでお問い合わせください。

※作業をご要望の際は保安基準に適合している車両に限ります

【2018】リジカラ×SPOON SPORTSフェア

SPOON SPORTSフェアinスーパーオートバックス開催のお知らせ

毎年、全国各地のスーパーオートバックスにて「リジカラフェア」を開催させて頂いておりますが、今年は「SPOON SPORTS」との共催が決定し更にパワーアップします!

 

イベントブースではSPOONデモカーの展示、試乗やSPOON SPORTS製品の展示・販売も行います。

当日はSPOONの開発スタッフも来ておりますので、チューニングの相談などございましたら、お気軽にお声掛けください。

 

■展示デモカー

 

・S660 M/T (JW5)

・CIVIC HATCH BACK M/T (FK7)

・CIVIC TYPE-R(FK8)

SPOON製品が全て装着されたS660や未発表の試作パーツが搭載された新型シビックを間近で観て、乗って体感してください。

 

■製品の展示・販売

イベントブースではS660や新型シビック用製品を中心に展示・販売いたします。

商品に関するご質問などお気軽にお問い合わせください。

期間中は特別価格にて販売致しますが、ご用意できる商品に限りがございますので

事前に店舗様にご予約をお願いいたします。

 

■イベント特典

期間中、SPOON製品をご購入頂いたお客様には「SPOON SPORTS×リジカラ」オリジナルバックをプレゼントいたします。

 

〈ご注意〉

※展示デモカーの車種、台数は変更することがございますのでご了承ください。

※事前のお見積り、ご予約はスーパーオートバックス各店舗スタッフまでお問い合わせください。

※作業をご要望の際は保安基準に適合している車両に限ります

 

 

○イベント日程(2018年2月19日現在)

 

■ スーパーオートバックス 東福岡

2月24日(土)~25日(日)

福岡県福岡市東区多の津3丁目3-18
Tel 092-621-7021
営業時間 10:00~19:30

 

■ スーパーオートバックス 浜松

4月7日(土)~8日(日)

静岡県浜松市中区小豆餅4-16-1
Tel 053-476-2180
営業時間 10:00~21:00(日曜20:00)

 

■ スーパーオートバックス かしわ沼南

5月19日(土)~20(日)

千葉県柏市風早1-3-13
Tel 04-7192-4000
営業時間 10:00~21:00

 

■ スーパーオートバックス 広島商工センター【初開催】

6月9日(土)~10日(日)

広島県広島市西区商工センター8-2-35
Tel 082-270-2111
営業時間 10:00~20:00

 

■ スーパーオートバックス サンシャインKOBE

6月16日(土)~17日(日)

兵庫県神戸市東灘区青木1丁目2-34
Tel 078-435-6006
営業時間 10:00~21:00

 

■スーパーオートバックス 富山南

7月7日(土)~8日(日)

富山県富山市婦中町塚原1200
Tel 076-491-1919
営業時間 10:00~20:00

 

■スーパーオートバックス 246江田

7月28日(土)~29日(日)

神奈川県横浜市都筑区あゆみが丘1-1
Tel 045-911-0189
営業時間 10:00~20:00

 

■ スーパーオートバックス 仙台ルート45

9月初旬【日程調整中】

宮城県仙台市宮城野区日の出町2-3-45
Tel 022-232-2345
営業時間 10:00~19:30

 

■ スーパーオートバックス 東京BAY東雲

9月8日(土)~9日(日)

東京都江東区東雲2-7-20
Tel 03-3528-0357
営業時間 10:00~21:00
【2月13日更新】

■ スーパーオートバックス 大宮バイパス

【秋頃開催予定 日程調整中】

埼玉県さいたま市西区宮前町125-1
Tel 048-621-0189
営業時間 10:00~20:00

 

※日程が確定した店舗より掲載をしております

※【日程調整中】の店舗は開催日が決まり次第更新致します

【2018】カンパチ オート&アートサロン


2018年、スプーンが創業して30周年を迎えます。アニバーサリーイヤーである今年、30周年を祝うポップアップイベント”Kanpachi Auto & Art Salon”(カンパチ オート&アートサロン)を、1月11日(木)より1月13日(土)までスプーンのワークショップ「TYPEONE」にて開催します。TYPEONEは「トラフ建築設計事務所」が空間デザインを手がけ「Dezeen」など世界中のメディアに取り上げられ、グランツーリスモ最新作GT SPORTのScapesにも採用された世界中のクルマ好きの憧れの場所です。スプーンのデモカー、プロダクトの展示・カンパチ オート&アートサロン限定品を販売するほか、日本を代表する気鋭の現代アーティストにより作品やパフォーマンスを体験をお楽しみいただけます。皆様のお越しを心よりお待ちしております。

AutoとArt
カンパチオート&アートサロンでは、シビックが日本市場で7年振りに復活したことを機に80年代のワンダーシビックから最新型の”ライトウェイトスポーツ”のDNAを忠実に受け継ぐシビック[FK7]と、最新の電子デバイスを備え独自進化を遂げたシビックタイプR[FK8]までの歴代スプーンシビックを展示します。従来のシビックの持つコンセプトやフィロソフィーの系譜をたどりながら新しいシビックへの価値観の創造の機会となります。
スプーンではこれまでもAutoとArtの親和性の高さを世界中で表現してまいりましたが、今回のカンパチオート&アートサロンでは、驚きや感動よりも一歩進んだ、それぞれの「思い」に直接に問いかけるテーマを持った試みとなります。テーマは「虚実」。虚構と事実、リアルとバーチャルなどこの相反するテーマは対極に位置しながら実は境界は曖昧で、天秤のようにバランスを取りながらお互いが存在しています。近未来のクルマを取り巻く環境はまさに虚実が越境していくことでしょう。カンパチオート&アートサロンで現代アーティストによる虚実をテーマにしたパフォーマンスとともに、価値観の次のステージへ向かう瞬間を体験してください。

SHOW HOURS

1月11日(木)一般公開日
10:00am-18:00pm

1月12日(金)  一般公開日
10:00am-18:00pm

1月13日(土) 30thパーティー

15:00pm-15:30pm  メディア向け事前公開
15:30pm        一般開場
16:00pm-17:00pm  ライブドローイング : 狩集広洋 with K.R.R. Sound Crew
17:00pm-17:30pm  サイン会:市嶋樹(Spoon)
17:30pm-17:45pm  ディーラートーク:USA,UK,Thailand,philippine,Taiwan etc
18:00pm-18:30pm  30thトーク:市嶋樹(Spoon)x 田部靖彦(GTChannel)
19:00pm-19:30pm  ライブペインティング : 小澄源太 with tatalaYAVZ
21:00pm                   Close

全日程終日
映像作品上映 : 柴田祐輔 [SEKYU] 2014
GranTurismo SPORT : GT公式シュミレーターを2台設置
スプーンオリジナル製作データ(NSX-GR3)を使ったGT体験

※駐車スペースがありませんので、公共の交通機関もしくは近隣のコインパーキングをご利用いただきますようお願い申し上げます。

 

スーパー耐久レース SUGO結果

t_A28D7587

Team Spoonはスーパー耐久シリーズ第2戦SUGO3時間耐久レースでポールトゥーウィンで、

クラス優勝することができました。



予選では、松井猛敏が38秒807、中島保典が39秒113をマーク、2人のDr.ともSUGOのコースレコードを更新。

予選2位、3位にもFIT3RS勢がグリッドを独占し、またもやFIT3RSの「速さ」が証明されました。



決勝は、走行タイムよりもタイヤをいかに使い切るを想定した戦術とし、スタートドライバーの荒聖治から中島保典に交代、

その後のドライバーチェンジで松井猛敏が磨耗の進んだタイヤでファステッドを更新しながらチェッカーまで走り優勝。


t_A28D8804

我らTeam Spoonの強みは3人のDr.です、その速さには事実上の差がなく、ラップタイムのバラツキもなく、

タイヤと燃費を上手くマネージメントが出来きる、そんな3人のドライバーが勝因でした。



次戦の富士7時間レースまでにチームはNew空力パーツを投入しドラッグの低減と最高速度の向上、

車体の軽量化、操縦安定性の最適化を推進します。

7 月27 日の富士スピードウェイ7 時間耐久レースは厳しいレースが予想されますが

チームは次戦に向けハード、ソフトの両面を「速く強く」をキーワードに一丸となり開発を進めます。



Hondaファンの皆様、引き続きの熱いご応援よろしくお願い致します。

スーパー耐久レース もてぎ結果

1900636_726972297321075_1777331957_o

 

Team Spoonはスーパー耐久シリーズ第1戦もてぎ5時間耐久レースでポールトゥーウィンで新型FIT3RSのデビューレースで開幕戦を制しました。

表彰台はHonda勢が独占する結果となり、3 台の新型FIT3RSがノントラブルで豪雨の荒れたレ-スでもクルマの素性の良さ、速さ、耐久性をアピール出来ました。

次戦は、5 月25 日のハイスピードコースのSUGO3 時間耐久レース、チームは次戦に向けさらにFIT3RSを速く強すべく開発を進めます、

引き続き応援よろしくお願い致します。

スーパー耐久シリーズ2014 開幕

いよいよ、今週末(3月29日~30日)にスーパー耐久シリーズ2014ツインリンクもてぎで開幕します。


SPOONは今年から若いスタッフが中心となり、車両の製作、サーキットメンテ、電制の解析、


チームマネージメントなど全てを社内で行う事にしました。


チームも会社も若返り、黄+青の古典的なカラーリングも一新、


若いスタッフの「ワイガヤ」から生れたアイディアで「ワクワクSPOON」を発信します。

P1080894


是非、SPOON FIT3RSに会いに来てください。


ご声援よろしくお願い申し上げます。

スーパー耐久シリーズ2014にFIT3RSで参戦します。

 

t_OGAL7032

 

Spoonでは本年度「Honda FIT3 RS」でスーパー 耐久シリーズ2014(ST5)に参戦します。

それに先駆け、3月9日にツインリンクもてぎ公開テストに参加しました。

 

t_OGAL6234

 

ドライバーラインナップは昨年に引き続きAドラがいぶし銀の「松井 猛敏」、

Bドラは宇宙人的速さの「中島 保典」、今年は速さプラス上手さで勝てるレースは全て勝つ、、

と意気込んでおります。

またメカ、マネージャー、エンジニアは全て若返り、新生チームは終始なごやかな雰囲気の中で

レースドライビングに集中できる、そんなチームを目指すのが目標です。

 

t_OGAP0494

 

またCドライバーには「荒 聖治」君を迎え体制を強化してシーズンに臨みます。

荒選手はルマン24時間レースでアウディで総合優勝の経験を持つ実績を持ち、

レーシングドライバーが単に速いのは当たり前で

天性の感受性とセッティング能力、それを冷徹に分析できる、そんな稀有な才能が凄い!!

 

t_OGAL6399

 

スーパー耐久の中でもST5クラスは1500cc以下の一番市販車をベースに、

改造範囲も最小限に、より市販車に近く他車種との性能差がなく、

ある意味で最もS耐らしい”熱い”レースです。

熱いと言えば「ピストン西沢選手」新型FIT3のレーシングカーを軽くテスト、

何とチーム内でTopタイムでした(驚)

 

 t_OGAL6442

 

昨年まで、もてぎ1.5チャレンジカップに参戦してシリーズチャンピオンを獲得した

J-WAVE GROOVE LINE Zのピストン西沢さん、伊達に経験を積んでませんね。

御見それしました、松井君は苦笑い、中島君なんか西沢さんのタイム聞いて「しょげて」ます。

FITのレースセットについて色々と教授を頂いてありがとうございました~。

 

 t_OGAL6949

 

FIT3RSへ車両とクラス変更に伴い、チーム体制もカラーリングも一新して、

すべて若手を中心に車両の製作からレース運営までを自社内で行いレースに挑みます。

 

t_OGAL5973

 

シリーズチャンピオンを目指して、がんばりますので応援よろしくお願い申し上げます。
 

 

東京オートサロン2014ご来場ありがとうございました。

「東京オートサロン、2014年」

t_IMG_4867

t_IMG_6894

 

東京オートサロンSPOONブースにご来場いただきありがとうございました。
提灯は1960年代にHondaがモーターショーに使用した由緒ある?骨等品です。
展示した開発中のフルモノブロックキャリパーなどもたくさんの方から興味をもっていただきました。
また、リジカラも発売開始から6年が経ち、「着けてるよ~」とたくさんの方から嬉しいお声がけいただきました。

 

t_IMG_7013

 

昨年のスーパー耐久で実走テストを重ねた新フロントバンパーを発売します。
新型フロントバンパー(3月末発売予定)
t_IMG_7011

 

新型エアロのリアバンパーも3月末より発売予定、オプションのディフューザーも同時に発売開始です。
展示した”Spoon Open Air Concept” 新しいオープンの世界を目指したデザインスタディです。
また、ブースのインスタレーションは新ルーフで感じたインスピレーションをアーティスティックに表現して頂きました。

 

t_IMG_6900

 

狩集広洋氏によるライブドローイングでブースの背景を下書き等は一切なく、感じるままに描き進みます。
いっさい迷いなくマーカーで線を紡ぐことでラインがイキイキした絵になる、全体の構図も下絵もなく感じたまま、壁画に描かれます。

 

t_IMG_6913

 

Sクーペのイメージが描かれ、山、滝、水、竹林の中には鹿、床面には鯉が泳ぎます。
金曜、土曜の2日間かけてこの壮大な壁画が完成しました。
※壁画はTYPEONEに保管、展示を致します。

 
t_IMG_5303

 

ご来場いただきました皆様、ほんとうにありがとうございました。

 

 

 

Thanks,
Spoon Sports USA / Go Tuning
Spoon Sports Thailand / OAK CLUB

東京オートサロン2014に出展いたします。

オートサロンでは、噂の新型S660を目指し新しくデザインスタディしたクーペルーフの展示、

開発中のキャップレス「FULLモノブロックキャリパー」を展示いたします。

また、ブースのインスタレーションは、「Hondaの楽しさ」をテーマにしました。

是非、ご来場ください。(西1ホール)

 

FULLモノブロックキャリパー

E

この「NEWモノブロックキャリパー」の最大の特徴はキャップレス設計です。

Nシリーズや新660スポーツ、FIT3など新機種対応で開発しました。

E

キャップレスのフルモノBodyは「アングルヘッド加工機」で製造、

この工法の採用でより液損を少なく、高剛性で軽量なキャリパーの設計が可能となりました。

またダストブーツの採用、パッドスプリングの採用でラトル音を低減、超薄型ピストン採用でストリートでも

サーキットユースでも要求スペックを担保しています。

GPS応力値、シリンダー変異量、接線変異も従来品を凌駕する性能値を目指しています。

 

 

※GPS応力レベル(7MPa+1G) テストデータ

従来品
AP1_CL7

新型(FULLモノブロック)
NEW_CAL

 

 

S2000には新型クーペを装着したデモカーを展示、この新型クーペは噂の新型S660に向けた

デザイン提案でございます。

速度ベクトル 1

製品形状、デザインはCFD(流体解析)によって完璧にコントロールしました。

SPOONが考える新しいエアロボディです。

 

1月10日(金)~12日(日) 千葉幕張メッセのSPOONブースにてお会いしましょう。

 

東京オートサロン公式サイト http://www.tokyoautosalon.jp/

 

米Thunderhill 25時間レース結果

ALWAYS EVOLVING

t_Spoon Sports Thunderhill25hr 2013_Kenny_Nakajima - 065

今回のサンダーヒル25時間レースに参戦したCR-Zの一番目立つ位置には「ALWAYS EVOLVING」。

海外のレース参戦には日本で車両を製作、国内で十分に走りこみを行いチューニングし、

輸出して現地でそのローカルレギュレーションに合わせ微調整の作業を行う。

本番レースでの結果を目指し、レースウィークは週末の数日でチーム全員が目標を意識しあい、

濃密な関係を作り上げます。

言語や単位の違いなどクルマ好きが集まれば、自然と意思疎通ができちゃうから不思議です。

チームは「目標を持ち、それを目指す」 、我々のレースの目的は「これ」です。

レースのレポートはSpeedHuntersにも掲載されました。

http://www.speedhunters.com/2013/12/25-hours-thunderhill-art-endurance-racing/

今回のレースでは、「ALWAYS EVOLVING」 (AE)とタッグを組み

t_Spoon Sports Thunderhill25hr 2013_Kenny_Nakajima - 061
完璧と言えるチームは結果ノートラブルでE2クラスを3位でフィニッシュすることができました。

Thunderhillはコースを延伸しニュルよりも長いロングコースに、

つまり世界最長のコースで世界最長時間の耐久レースを目指しています。

来年も私達はチャレンジします。

興味の在る国内のチームさんがいらっしゃれば是非一緒に参加しましょう。

できればHonda車でお願いね(笑)