東京オートサロン2014に出展いたします。

オートサロンでは、噂の新型S660を目指し新しくデザインスタディしたクーペルーフの展示、

開発中のキャップレス「FULLモノブロックキャリパー」を展示いたします。

また、ブースのインスタレーションは、「Hondaの楽しさ」をテーマにしました。

是非、ご来場ください。(西1ホール)

 

FULLモノブロックキャリパー

E

この「NEWモノブロックキャリパー」の最大の特徴はキャップレス設計です。

Nシリーズや新660スポーツ、FIT3など新機種対応で開発しました。

E

キャップレスのフルモノBodyは「アングルヘッド加工機」で製造、

この工法の採用でより液損を少なく、高剛性で軽量なキャリパーの設計が可能となりました。

またダストブーツの採用、パッドスプリングの採用でラトル音を低減、超薄型ピストン採用でストリートでも

サーキットユースでも要求スペックを担保しています。

GPS応力値、シリンダー変異量、接線変異も従来品を凌駕する性能値を目指しています。

 

 

※GPS応力レベル(7MPa+1G) テストデータ

従来品
AP1_CL7

新型(FULLモノブロック)
NEW_CAL

 

 

S2000には新型クーペを装着したデモカーを展示、この新型クーペは噂の新型S660に向けた

デザイン提案でございます。

速度ベクトル 1

製品形状、デザインはCFD(流体解析)によって完璧にコントロールしました。

SPOONが考える新しいエアロボディです。

 

1月10日(金)~12日(日) 千葉幕張メッセのSPOONブースにてお会いしましょう。

 

東京オートサロン公式サイト http://www.tokyoautosalon.jp/