Category Archives: EVENT

スーパー耐久シリーズ2014 開幕

いよいよ、今週末(3月29日~30日)にスーパー耐久シリーズ2014ツインリンクもてぎで開幕します。


SPOONは今年から若いスタッフが中心となり、車両の製作、サーキットメンテ、電制の解析、


チームマネージメントなど全てを社内で行う事にしました。


チームも会社も若返り、黄+青の古典的なカラーリングも一新、


若いスタッフの「ワイガヤ」から生れたアイディアで「ワクワクSPOON」を発信します。

P1080894


是非、SPOON FIT3RSに会いに来てください。


ご声援よろしくお願い申し上げます。

スーパー耐久シリーズ2014にFIT3RSで参戦します。

 

t_OGAL7032

 

Spoonでは本年度「Honda FIT3 RS」でスーパー 耐久シリーズ2014(ST5)に参戦します。

それに先駆け、3月9日にツインリンクもてぎ公開テストに参加しました。

 

t_OGAL6234

 

ドライバーラインナップは昨年に引き続きAドラがいぶし銀の「松井 猛敏」、

Bドラは宇宙人的速さの「中島 保典」、今年は速さプラス上手さで勝てるレースは全て勝つ、、

と意気込んでおります。

またメカ、マネージャー、エンジニアは全て若返り、新生チームは終始なごやかな雰囲気の中で

レースドライビングに集中できる、そんなチームを目指すのが目標です。

 

t_OGAP0494

 

またCドライバーには「荒 聖治」君を迎え体制を強化してシーズンに臨みます。

荒選手はルマン24時間レースでアウディで総合優勝の経験を持つ実績を持ち、

レーシングドライバーが単に速いのは当たり前で

天性の感受性とセッティング能力、それを冷徹に分析できる、そんな稀有な才能が凄い!!

 

t_OGAL6399

 

スーパー耐久の中でもST5クラスは1500cc以下の一番市販車をベースに、

改造範囲も最小限に、より市販車に近く他車種との性能差がなく、

ある意味で最もS耐らしい”熱い”レースです。

熱いと言えば「ピストン西沢選手」新型FIT3のレーシングカーを軽くテスト、

何とチーム内でTopタイムでした(驚)

 

 t_OGAL6442

 

昨年まで、もてぎ1.5チャレンジカップに参戦してシリーズチャンピオンを獲得した

J-WAVE GROOVE LINE Zのピストン西沢さん、伊達に経験を積んでませんね。

御見それしました、松井君は苦笑い、中島君なんか西沢さんのタイム聞いて「しょげて」ます。

FITのレースセットについて色々と教授を頂いてありがとうございました~。

 

 t_OGAL6949

 

FIT3RSへ車両とクラス変更に伴い、チーム体制もカラーリングも一新して、

すべて若手を中心に車両の製作からレース運営までを自社内で行いレースに挑みます。

 

t_OGAL5973

 

シリーズチャンピオンを目指して、がんばりますので応援よろしくお願い申し上げます。
 

 

東京オートサロン2014ご来場ありがとうございました。

「東京オートサロン、2014年」

t_IMG_4867

t_IMG_6894

 

東京オートサロンSPOONブースにご来場いただきありがとうございました。
提灯は1960年代にHondaがモーターショーに使用した由緒ある?骨等品です。
展示した開発中のフルモノブロックキャリパーなどもたくさんの方から興味をもっていただきました。
また、リジカラも発売開始から6年が経ち、「着けてるよ~」とたくさんの方から嬉しいお声がけいただきました。

 

t_IMG_7013

 

昨年のスーパー耐久で実走テストを重ねた新フロントバンパーを発売します。
新型フロントバンパー(3月末発売予定)
t_IMG_7011

 

新型エアロのリアバンパーも3月末より発売予定、オプションのディフューザーも同時に発売開始です。
展示した”Spoon Open Air Concept” 新しいオープンの世界を目指したデザインスタディです。
また、ブースのインスタレーションは新ルーフで感じたインスピレーションをアーティスティックに表現して頂きました。

 

t_IMG_6900

 

狩集広洋氏によるライブドローイングでブースの背景を下書き等は一切なく、感じるままに描き進みます。
いっさい迷いなくマーカーで線を紡ぐことでラインがイキイキした絵になる、全体の構図も下絵もなく感じたまま、壁画に描かれます。

 

t_IMG_6913

 

Sクーペのイメージが描かれ、山、滝、水、竹林の中には鹿、床面には鯉が泳ぎます。
金曜、土曜の2日間かけてこの壮大な壁画が完成しました。
※壁画はTYPEONEに保管、展示を致します。

 
t_IMG_5303

 

ご来場いただきました皆様、ほんとうにありがとうございました。

 

 

 

Thanks,
Spoon Sports USA / Go Tuning
Spoon Sports Thailand / OAK CLUB

東京オートサロン2014に出展いたします。

オートサロンでは、噂の新型S660を目指し新しくデザインスタディしたクーペルーフの展示、

開発中のキャップレス「FULLモノブロックキャリパー」を展示いたします。

また、ブースのインスタレーションは、「Hondaの楽しさ」をテーマにしました。

是非、ご来場ください。(西1ホール)

 

FULLモノブロックキャリパー

E

この「NEWモノブロックキャリパー」の最大の特徴はキャップレス設計です。

Nシリーズや新660スポーツ、FIT3など新機種対応で開発しました。

E

キャップレスのフルモノBodyは「アングルヘッド加工機」で製造、

この工法の採用でより液損を少なく、高剛性で軽量なキャリパーの設計が可能となりました。

またダストブーツの採用、パッドスプリングの採用でラトル音を低減、超薄型ピストン採用でストリートでも

サーキットユースでも要求スペックを担保しています。

GPS応力値、シリンダー変異量、接線変異も従来品を凌駕する性能値を目指しています。

 

 

※GPS応力レベル(7MPa+1G) テストデータ

従来品
AP1_CL7

新型(FULLモノブロック)
NEW_CAL

 

 

S2000には新型クーペを装着したデモカーを展示、この新型クーペは噂の新型S660に向けた

デザイン提案でございます。

速度ベクトル 1

製品形状、デザインはCFD(流体解析)によって完璧にコントロールしました。

SPOONが考える新しいエアロボディです。

 

1月10日(金)~12日(日) 千葉幕張メッセのSPOONブースにてお会いしましょう。

 

東京オートサロン公式サイト http://www.tokyoautosalon.jp/

 

米Thunderhill 25時間レース結果

ALWAYS EVOLVING

t_Spoon Sports Thunderhill25hr 2013_Kenny_Nakajima - 065

今回のサンダーヒル25時間レースに参戦したCR-Zの一番目立つ位置には「ALWAYS EVOLVING」。

海外のレース参戦には日本で車両を製作、国内で十分に走りこみを行いチューニングし、

輸出して現地でそのローカルレギュレーションに合わせ微調整の作業を行う。

本番レースでの結果を目指し、レースウィークは週末の数日でチーム全員が目標を意識しあい、

濃密な関係を作り上げます。

言語や単位の違いなどクルマ好きが集まれば、自然と意思疎通ができちゃうから不思議です。

チームは「目標を持ち、それを目指す」 、我々のレースの目的は「これ」です。

レースのレポートはSpeedHuntersにも掲載されました。

http://www.speedhunters.com/2013/12/25-hours-thunderhill-art-endurance-racing/

今回のレースでは、「ALWAYS EVOLVING」 (AE)とタッグを組み

t_Spoon Sports Thunderhill25hr 2013_Kenny_Nakajima - 061
完璧と言えるチームは結果ノートラブルでE2クラスを3位でフィニッシュすることができました。

Thunderhillはコースを延伸しニュルよりも長いロングコースに、

つまり世界最長のコースで世界最長時間の耐久レースを目指しています。

来年も私達はチャレンジします。

興味の在る国内のチームさんがいらっしゃれば是非一緒に参加しましょう。

できればHonda車でお願いね(笑)

 

米Thunderhill 25時間レースに参戦します。

12月7日~8日、北米サンダーヒルレースウェイにて開催される世界一長時間の25時間レースにHonda CR-Zで参戦します。

t__O4P5916

 

Spoonとしては、2002年の初参戦から、今回で9回目となるサンダーヒル25時間レース

Spoon CR-Zはエンジンノーマル、HVシステムも生かしたまま、ナンバー付きに近い仕様で

2年以上をかけてこのサンダーヒル参戦に向けて国内で耐久テストを行ってまいりました。

 

 

そして、ドライバー陣も「服部尚貴」、「光貞秀俊」、「吉原大二郎」を迎え、万全の体制でレースに挑みます。

 

 

Hattori Mitsusada Dai

服部 尚貴                   光貞 秀俊                 吉原 大二郎

 

 

なお、ホームページ(SpoonSports)とFaceBookに現地より速報をアップします。

Spoon CR-Zの活躍をご期待ください。

 

 

2013 Honda Day E-Town

SPOONはHondaDayに参加してきました。

Honda-Day-440

 

New Jersey州 English Town(通称E-Town)は1688年にイギリス人が最初に住んでたのが街の名前の由来、

その後1775年にアメリカ革命戦争が起こり、イギリスからアメリカを政治的な独立に導くことに成功した

そんな由緒がある、アメリカ合衆国を表す歴史的に重要な場所だそうです。

 

そのような歴史の影響もあり、立ち並ぶ住宅や建物はイギリスっぽい町並み、

日本だと京都や鎌倉を想わせるすばらしい雰囲気でした。

アメリカでのHondaブランドは特別です、カルフォルニア、オハイオ、フロリダなど、

私たちはそれを既に経験していましたがニュージャージーには凄い数と熱いハートのファンが存在していました。

 

Honda-Day-219

 

前夜からフロリダやカロライナ、バージニア、オハイオなど数千マイルの距離を自走してくるHonda車で街が埋め尽くされていきます。

会場となるOld Bridge Township Raceway Parkへ続く道路はHonda車が10マイル以上もつながり、

朝には会場入り口ゲート前の広場と道路はホンダ車であふれかえっていました。

 

Tがどんなに莫大な費用で「クルマの楽しさを」仕掛けてもこんな熱いファンは作れないよね~(笑)

 

Honda-Day-226

 

北米のタイムアタックイベントなどで、SPOONのドライバーとして活躍してくれている日本人初のFormula Drift  Champion の「Dai」こと、吉原大二郎クンがドライバーとして駆けつけてくれました。

 

 

2013.08.10_HondaDayETownNJ-4236

 

大ちゃん、とても速くて沈着冷静、ナイスでクレーバーなドライバー、

今回はボスの市嶋と一緒にワンダーシビックをデモ走行してもらいました~。

 

 

t_Honda-Day-379

 

こちらはHondaDayの主催者のボスJavierさん、笑顔で大ちゃんとツーショット。

 

2013.08.11_HondaDayETownNJ-5003

 

Daiのキャップをもらってなんだかご満悦の市嶋、サイン会でファンサービスを開始、

ちなみに、後ろがワタクシ小職の今村です。

 

Honda-Day-308

 

実に二日間でサイン用に準備した3000枚のポスターが早々に無くなると、今度はTシャツや、帽子、ベビーバギー、スーパーカブ、ラッカス、自分の車の部品を外してきたり、はたまたクルマ、バイク、ヘルメット、その後は手や背中、スキンヘッドの頭、女子の胸、もうホントにいろんな場所にサインを求められました。

 

Honda-Day-309Honda-Day-420Honda-Day-458Honda-Day-150Honda-Day-097Honda-Day-307

 

 

Old Bridge Township Raceway Parkのメイン会場からトラックへ移動する為にエンジンをかけると、あまりの爆音に人だかりができます。

 

 

Honda-Day-297

 

ZC型Gr.Aエンジンは1600ccながらも11,000回転、220PS以上のパワーを絞り出していました。

本物のレーシングHondaサウンドに会場すべてが飲み込まれ興奮のルツボ状態、ワオ~とかファンタとか

皆さん狂気の叫び声でした。

 

 

 

2013.08.10_HondaDayETownNJ-4727

このクルマ、1980年代にイチシマがDr.していた当時のままの状態で「走るGr.A」シビックです。

2013.08.10_HondaDayETownNJ-4652

小さくてキュートなシビックに観客も大喜び、私たちもHondaの

楽しさを共有できてとてもハッピーな週末でした。

 

 

 

———————————————————————————————————————————————————————————————————————————-

From Spoon Sports…

It was a pleasure to be part of Honda Day E-Town.
Starting with the organizer Ortega Global Solutions (OGS), the effort and hard work of many supporters made this possible. It was an unforgettable experience to share this spectacular moment with fellow Honda enthusiasts.
We hope to see you again at E-Town next year.
Spoon’s Wonder Civic will also be at Honda Day Orlando. Afterwards, it will be transported to the West coast to be displayed in other shows.
With sincere gratitude and heartfelt appreciation… Thank you very much for everything!
 heart Honda.

Spoon Co.Ltd. Crew

Thanks to all who offered us a helping hand. We cannot name every individual here, but you know who you are…
EAT SLEEP RACE SpeedLounge.com Dynamic Performance Racing Norris Prayoonto Rstech-Racing Tim Grey Racing Siva Image PhotographyChinzo Photo Tom Coleman

 

Posted by  Yuki